reenex

2015年6月18日 (木)

最後の憂え悲しみます

あなたを見て憂怨な目つきをして、真剣な様子では、私は知っていて悪かったよ、頼りにして私たちの愛への確信人情と愛の選択にあなたが痛い心の瞬間、私は間違いだと思っていたを選択する愛情を信じて私を信じ、2年間を待ちに待っていたのはあなたの無力あなたの憂え悲しみます。

私の心を傷つけ(損ね)て、私の胸を痛めた,私の心は泣いていたあなたが幸せに、あなたのために私は私自身を放棄するつもりです;私はあなたを愛し、君の幸せのために私はすべてを放棄するつもりで、あなたを含めて……

心があっても仕方が舍てないで、流れて涙が、決定をあなたの手を放し、あなたのすべての傷はは我々が一緒にいて、そうですか。あなたがあるかもしれません。あなたは違いのような心境には……

悪い人は私がいいわ、あなたへ行けば、思いきって話せば傷つく本心のない理由はない。

あの日空を漂っていて雨が、雨絲濡らした私たちの服も冷たかった私にはあのを愛する心だ。時また一年が1年で、春去春に戻ることがあって、私達はいくら青春を消耗し、私たちは本當にこのようにすることができ、この感情に描かれているものを打てずにの時になって、私はもう返事し、海が來月と婚約し、やがて思い直したあなたは押し黙って、私は知っていた心はきっととても興奮して氷が痛くて、私の心も時が泣いて、最後にあなたの目を切り取り、私の顔からは、螺旋狀で、どうしてこんなの選択で、どうしてさせなければならないという流言が現実化すると、3年間、かかってきたあなたは本當に信じてはいけない等はありますか?時はなく、が何を言ってましたが、私はもう返事したできなかったのは、変更、あなたは私を忘れようにしましょう、私はあなたの愛するに足る女の子です。でもこれはほんとうに挾まれていて、涙は雨君の顔に落ち、初めて見たいとしたことは、私たちの愛の物語だ。

知ってる現時點においての私が、どれだけのひ弱い書)を愛するしようとしたが、あなたの體を抱き寄せもあった。しかし、私は知っていた私は、本當に私を放置できないということだ。このように、お互いにケガをして、申し訳ありませんが、時の私を忘れなさい……。

もう三日をかけてまごついている、三日後に僕はその答えは、私は必ず思い知るのだった。

最後の希望も壊れ、時がないほどが現れ、まごついている彼を知る親孝行たくない、彼は困って、こうほうがいいんじゃない?それこそ自分が欲しかったのだろうか。しかしこのスピンの心でいました。それではの苦痛でか。

愛があって呼んで手をはなすと、螺旋狀に聴く痛いよ、疲れたから、心も壊れてしまった。

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ