elyze效果

2015年5月30日 (土)

一筆落花の考え

思考が优しいを徘徊して、昔は小さくて凉しいの指先にからみつき、一筆落花の考え事をのあの1段の香の気持ちを伝え、文字の中でも散り著かつて幸せの匂いがした。η懐かしさが来た時、それがいつ弱かった心はくらくに逃げ场、突然思い出すのあなた、その帘花鸟风月、いっしょに私に入って来たのが情ふかしシチュエーションだった。

 

古い记忆は一冊の本がいて、君のポケット日記の一ページにぼくは惜しむように乱入し、数年後のたじろがの奥に、私はそれらの美しさに座って昔の画面には清风独自に诉えがあなたのよいと思って……は柔らかな心の奥深いところなんですが、一人(ひとり)について言及し、できないながらも忘れられない、あの深く骨髄の名前、往々にして小さなバーで、心も開けろかす一筋の幸せな痛み。

 

如水种类の际に慌ただしくて行ってしまった。記憶が时间の琴の糸で演奏著の話に過ぎない。そうであればあるほど美しいメロディーをたくなる潸然ほどに、涙が落ちた。心(こころ)は时间の中で、起伏が目尻に现れの半分は忧え悲しむ半分が降り注ぎ、最も美しい季节にあなたに出会って、あなたの笑みに滞在していた私の梦の中にまで達し私の人生はページを経験した记忆があります。

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ