Data Center

2015年6月12日 (金)

掛けに書いて素直な頬を

今の夢、急いで、また、急いで消えて、西洋の雲の隠とん、遠山と推定している。人生の旅の途中で、深くうがったった足跡が徐々に充填多かれ少なかれの涙を流した涙そうそうさあおい掛けに書いて素直な頬を、まるで一人で一生の中で初期の旅の必然目印だった。そこで、簡単に芽生えた脫俗世界大道理ざる辺が殺到して、無力です。

クレイジー、を転々とした行かふでひっそりとして行き、波に乗ってなる足取り穏健でありながらも、確固たるものでなく化粧の顔に書いておいた何分が強靱で、なよなよの肩からマスターした経緯を負擔し、子供っぽいして多くの風霜雪雨な文字を蝶から成熟している。

縁には、なかなか解説の禪だった。わずか1直った普通の人生の駅舎に泳がせの視線に気づかれないように、鳴かんの人波の中で、一つのハンサムな姿に私の清ひとみの奧のほうがあって、私の胸のはるか彼方だけだ。そしての琴線をかき鳴らしという快挙を便りもきれいの永遠の落ちた。今回に気づかれないようにした「かんのんは、一世を切り取り惜しむ。こんなことは一枚すれば果てしなく広がっている網なら、私はこの世で見守る、中に入って細讀あなたの章を……

いつもと思うが、やりたいが、次々と姉の中で、遠くを見つめていたあの暗記した千唱の後ろ姿;いつも、敬けん黙々として注目されているあなたの喜怒哀楽;いつもしようと、接近が怖いから場合に無心のそばのあなたの方が歩きだした;いつも、抑えきれないその胸に溢れたそのの泉られて、時間のすべての隙間の恣意的な奔流はカウンター窓の下だった。

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ